キャラクターの使い分け

 ホストが指名を取り付けるために繰り出す話術にも種類があります。その一つが「自虐キャラ」というものです。自分の欠点を先に伝えると、相手は信用の置ける人だと感じます。ホストとはいえ、否、ホストだからこそ、ナルシストで通すべきではありません。長所を伝えたくなるのも分かりますが、それは信頼を勝ち得た後に行うべきであり、最初の数十秒で決まるファーストインプレッションに、自慢を盛り込むのは得策ではありません。指名を受けた後に長所を伝えることが出来れば、お客様の目にはその長所が光って見えることでしょう。「不細工だとか太っているだとか言っていたけど、明るくて面白い人だ」「誠実な人だ」といった印象を与えることが出来るはずです。裏を返せば、長所を伝えるだけで終われば、何の印象も与えることが出来ません。
 自虐キャラという方法は、客の心を開かせる効果があるため、労せずして客の自分語りを引き出すことができます。客が自己開示してくれれば、結びつきはより強固なものとなります。例えば、指名を貰った後の会話に、「あなただけには素直に自分のことを打ち明けられる」といった告白が散見します。イケメンのホストでなくても、そうした返答を貰えることは珍しくないのです。ホストクラブを利用する客の中には、特定の人にしか自分のことを話さない人がたくさんいます。彼女たちの心を開くためにも、是非自虐キャラを試してみてください。但し、暗い雰囲気で自虐するのは最悪の結果を招きますから、お客様の反応を確かめながら実行するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です