ホストの仕事内容

一般的にはホストがどのような仕事を行うのかということをご紹介しましょう。

もちろん細かい仕事内容や規則などはそれぞれのホストクラブによって異なってきます。
また個々のコミュニケーション能力が大きくものをいう接客業だという側面があるため、例え同じホストクラブに所属しているホストであっても、仕事のやり方などは個人によって異なる場合もあります。
ですが「ご来店いただいたお客様を楽しませること、もしくはお客様を楽しませるということに繋がる諸々の業務が仕事である」ということに関しては、どのホストも共通だといえるでしょう。

なお給料は、出来高制が基本です。
この場合、自分がどれぐらいのお客様の接客を担当できるか、接客を担当しているお客様からどれぐらい注文をいただけるかによって金額が大きく変わるシステムとなっています。

またほとんどのホストクラブが「永久指名制」という制度を採用しています。
これはお客様が自分を担当してほしいホストを1度指名した場合、よっぽどのことが無い限り指名ホストを変更することができないという制度となっているのです。最近では指名変更OKなホストクラブも無いわけではないですが、指名の有無は個人の売り上げに大きく関わってくることから、指名変更をOKにすると「お客をとった」「お客をとられた」というようなトラブルに発展しやすくなってしまいやすいことから、指名変更NGとしている店が少なくないような印象です。

お客様がお店にいらしたら、基本的にはお客様が指名しているホストが、一緒にお酒を飲みつつ接客を担当します。
ただし指名ホストがかぶっているテーブルが複数発生するなどの事態となった場合は、「ヘルプ」と呼ばれるホストが代わりに接客を担当します。
他にもヘルプは、お客様が指名ホストと会話を楽しんでいる間に、横で水割りのお酒を造るなども行います。

ホストクラブ店内でのお客様の接客以外にも、ホストはメールなどでの営業や、同伴・アフターなどと呼ばれる店外での食事なども必要に応じて行うことが多いようです。
店外でのこういった業務は、店内での自分個人の売り上げに直結しやすいことから、ホストにとっては重要な業務だといってよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です