入店を断られることってある?

ホストクラブの場合、入店に関して店ごとにルールが定められているというケースが多いようです。
ホストクラブで設けられている入店制限の例を、いくつかご紹介しましょう。

1つめは、「未成年(19歳以下)入店お断り」もしくは「18歳以下入店お断り」。
ホストクラブはお酒を多く提供する飲食店となっています。
そのため通常のホストクラブであれば、入店時に未成年でないかどうかの年齢確認を徹底するはずです。
未成年でも18歳以上にあたる19歳であれば大丈夫な店もありますが、もし店内でお酒を飲ませてしまうとトラブルに繋がったり店側の責任を問われたりする可能性もあることから、未成年の入店を断っているホストクラブが多いようです。

2つめは、客席が満席である場合の入店制限です。
もしその時点で満席ではなくとも、特別なイベントが開催されている場合、初回のお客様より常連のお客様の入店を優先するなどの制限を加える可能性もあるでしょう。

3つめは、客側に男性がいる場合の入店制限です。
基本的にホストクラブは「男性のホストが女性客を接客する飲食店」であり、男性の場合はお客様としての入店に関し制限を設けている店もあります。
例えば「男性は入店お断り」「男性のみの入店お断り(女性同伴なら入店可能)」などが考えられるでしょう。

コメントは受け付けていません。